トルコアイスのイラスト
平成30年8月、大暴落で話題になったトルコリラ。
そんなリラをはじめ、南アフリカランド、メキシコペソといった高金利通貨を、10万円分だけ買ってみました。

もくじ

高金利通貨たちを買うと

各種報道等でご存知かと思われますが、日本円は今、空前の低金利、な状況です。
一方、(執筆時点)トルコ24%、南アフリカ6.75%、メキシコ8.25%と、とても政策金利の高い国がいくつかあります。

FXで、そういった国の通貨を日本円で買う取引をすると、通貨間での金利差が、「スワップ」としてもらえます。
しかも、通常の外貨預金と違い、FXの場合、実際に支払った日本円以上の価値を持つ相手通貨が買えるので(レバレッジによる)、かなりおトクです。

一方、こういった高金利通貨は、値動きが大きい上、特にリラの場合、チャートがだいぶ右肩下がりです。
つまり、せっかくスワップで儲かっても、通貨の価値そのものが下がってしまえば、損をする恐れがあるというわけです。
なので、その辺のリスク管理をしながら買わないと、また8月の時のように大変なことになってしまいます。

ボクの運用状況

トルコリラは、3月16日に2万円で始めました。スワップは672円です。

南アフリカランドは、3月6日に4万円で始めました。スワップは1,200円ですね。

メキシコペソは、3月18日に4万円で2万通貨を買いました。スワップは690円貯まりました。

というわけで、さらっとした記事になってしまいましたが、お読みいただきありがとうございました。